| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都・愛宕山の月輪寺参詣登山☆

11/3(金・祝)の事、両親とらんと車で朝早く出掛けました。


171105-1.jpg

「家族旅行なんて久しぶりね~♪」


171105-2.jpg

京都の嵐山の山奥、愛宕山登山の途中の月輪寺へ行くためです。

法然上人二十五霊場第十八番の御朱印を貰いに・・・と、小難しい事はともかく、父が集めてる物で、その内の1つが今回、平均往復3時間の山道にある寺なんです。

登山という事で私が御朱印取りに行かされるのです(^。^;)


171105-3.jpg

「ふわぁ~・・・まだ着かないのかなぁ~?」

賤ヶ岳のSAにて小休止。らんのでっかいアクビ~( ´∀`)


171105-4.jpg

「姉ちゃんのあんよモチモチで衝撃吸収~」

私の太ももに頭乗せて車の揺れの衝撃吸収・・・ヽ(`Д´)ノコラー!


171105-5.jpg

「あれ?もう京都?」

両親が代わり番こに運転してくれたので、私もらんもほとんど寝ながらにして京都の嵐山に着きました。


171105-6.jpg

紅葉のピークには少し早いくらいでしたが、嵐山の渡月橋は遠目から見ても恐ろしい程の人の量でした((((;゚Д゚))))


171105-7.jpg

嵐山の奥の方、愛宕山登山の入口、清滝に到着しました。目の前に広がる紅葉と清々しい水の流れ、そして晴天。。。


171105-8.jpg

月輪寺への参詣登山口です。ここから!


171105-9.jpg

「姉ちゃん気を付けてね~!行ってらっしゃ~い!」

らんと両親に見送られて、12時ちょい前スタート。いざ参る・・・詣る!(`・ω・´)


171105-10.jpg

清滝、という名の通り、道中所々小さい滝が流れています。


171105-11.jpg

半分はアスファルト道、もう半分は山道という道なんですが・・・。


171105-12.jpg

え?これがアスファルト?どこが???Σ(´∀`;)というくらい、アスファルトの地面が見えません。

前日、父が月輪寺へ電話して御朱印を取りに行く事を住職さんに伝えた所、「台風のせいで登山道が荒れて歩きにくくなってますが~」と言っていたそうですが、どう見てもこれはつい先日の台風だけではないですよ?!


171105-13.jpg

登山道の両脇は杉林になっているのですが、これまたスゴイ事に・・・一体いつからこんなに放置されているのか?


171105-14.jpg

あれ?道が3つに分かれてるけどどっちに行けば良いんだろ?看板も無いし( ̄▽ ̄;)

・・・と悩んで立ち竦んでいると、後ろを歩いていた方が「どちらに行かれるんですか?」と聞いてくれて、「月輪寺なら真ん中の道ですよ」と教えてくれました。

ありがとうございますー!と言って再び歩き始めると・・・。


171105-15.jpg

あれ?看板あるじゃん・・・ってゆーか存在感薄っ!文字も手書きだし!消えかかってるし!

なんか色々ツッコミどころ満載・・・まだ半分も歩いてないけど、不安になってきました(;´Д`A


171105-16.jpg

父から聞いていたアスファルト道と山道の境目に到着。これまた手書き・・・(笑)


171105-17.jpg

ここで半分くらい。さて、ここからがホントの登山ですよー!


171105-18.jpg

黙々と歩いて・・・ん?若者、一般・・・一瞬若者が忍者に見えた・・・(つд⊂)ゴシゴシ


171105-19.jpg

歩き始めて1時間ちょい、開けた景色が現れました。月輪寺までもう目前です。


171105-20.jpg

法然上人二十五霊場第十八番、月輪寺到着です!\(^o^)/


171105-21.jpg

父が前日に電話で連絡していてくれたので、住職さんが待っててくれました。


171105-22.jpg

月輪寺で御朱印を待ってる間、他にも人は通って行ったんですが、登山の通過であって、ここを目的地として来ている人は休日とは言え殆ど居ないようでした。

いくら由緒ある寺と言えども往復で3時間も掛かるようじゃなぁ~。


171105-23.jpg

寺もだけど、それ以外の建物の荒れ方が酷い!穴が!サビが!ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・

修繕のために寄付を募るかつての新聞記事がお寺に貼ってありました。これは何とかしなきゃいけないレベルですわ。。。

いやしかし、ここを奥の院とかにして、登山スタート地点の清滝に移転するとかって方法はないのか?何にせよ、やはり掛かるのはお金、マネー・・・。

由緒ある寺がこうして寂れていく様は物哀しいですね。。。


171105-24.jpg

色んな事を考えながら素晴らしい景色を眺め、月輪寺を後にします。


171105-25.jpg

帰り道は下りなんで早い早い。山道とアスファルト道の境目まで来ました。


171105-26.jpg

御朱印の貼られた掛け軸。

父はお遍路もして御朱印を集め、今は法然上人二十五霊場の御朱印集め。大病を患って以降、信仰心が深くなり、こうゆう事をするようになりました。

まぁ、今回は私も曲がりなりにも関わってみて、この先父だけでなく他にもこうした事をする人がいる事を踏まえ、色々改善点を考えされられましたね。


171105-27.jpg

「あ、姉ちゃん帰ってきたー!おかえりー!」

らんと両親が途中まで歩きながら迎えに来てました。


171105-28.jpg

いつものお山ともまた違う道、自然も豊かで、谷を覗き込んだり、らんもあっちこっち興味いっぱいで歩いてました。

天気も良く、程良く紅葉し、秋としては暑いくらいの登山日和でした。


171105-29.jpg

スタート地点に戻ってきました。平均で3時間の登山と言われていましたが、2時間も掛からずに帰ってきましたね。


171105-30.jpg

「父ちゃん、母ちゃん、早くー!」

月輪寺までは行かなかったらんだけど、途中まで歩いてるし、参詣した私を迎えにも来てるし、法然上人もらんの働きぶりを見てますよね。
らんにもきっとご利益がありますよね。


171105-31.jpg

帰りの車は私もらんもグッスリでした。らんは私の上にずっと乗ってましたよ( ´▽`)


171105-32.jpg

月輪寺に売ってた犬のお守り。少しでも寄付に貢献しようと思ってね。

京都に来たと言えど観光らしい観光もせず、登山と言えど中腹で山頂では無かったけれど、家族で、らんも一緒に行けて良かったです。

久々の家族旅行にらんも楽しそうでした。家族皆にご利益がありますように。。。



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開山1300年☆白山登山2017

7/7(金)の夜の事です。車を走らせて「道の駅しらやまさん」にて車中泊。

翌日早朝、目が覚めたら今年初めての白山登山です~(´∀`*)ウフフ

しかし、7/8(土)未明、ニャーニャーという声で目が覚めました。




人懐っこい猫ちゃん。体をすり寄せて甘えてきました。私がトイレに行って車に戻ってきたらニャーニャー言って走ってくる程。他の人にも懐っこい感じでした。
ノラにしてはえらい人懐っこいし、飼い猫にしてはこんな時間に?もしかして、捨て猫・・・?抱っこしても嫌がりませんでした。

後ろ髪を引かれる思いで登山へ・・・(´・c_・`)


170718-2.jpg

市ノ瀬ビジターセンターの登山バスはすごい行列でした!(@_@;)いくら週末とは言え・・・なんか年々登山者増えてるなぁ。
6時前には別当出合に到着。ここもすごい人だかり。


170718-3.jpg

別当出合にて登山届を出し(今は紙じゃなくてスマホでも提出出来るんですね~!)、荷物の再確認をし、開山1300年という節目の年の白山登山しゅっぱーつ!


170718-4.jpg

天候にも恵まれ(恵まれ過ぎて暑すぎ・・・)良い登山日和です。


170718-5.jpg

一人登山なのでやっぱり影撮影。


170718-6.jpg

うーん、絶景。


170718-7.jpg

高山植物もキレイに咲いてますね。


170718-8.jpg

天気が良いので遠くまで澄んだ景色が。


170718-9.jpg

去年富士山登山を制覇したお祝いに次のシーズン用に買ったおニューの登山靴(^O^)ちょいとフンパツ!


170718-10.jpg

エコーラインに。


170718-11.jpg

高山植物群。もうそろそろ咲きそうかな~?


170718-12.jpg

すごい雪!Σ(゚д゚lll)道がない!行き止まり?!どうしよう!・・・と思っていたら、雪の上を歩いた跡が。

登山道はこの雪の下にあり、皆さんこの雪の上を歩いているのです!ひぇー!(@_@;)いつもよりちょっと早い初登山だったからでしょうね。ここまでたくさんの雪の上を歩くという事は無かったので。
ザラメ雪なので滑る滑る!でも火照った体は足元からひんやりしてきました。


170718-13.jpg

お花畑へ。向こうにもあんなにたくさんの雪が残っています。


170718-14.jpg

ここまで来ればもう少しで室堂です。


170718-15.jpg

花たちも見頃です。


170718-16.jpg

室堂とうちゃーく!!( ´ ▽ ` )ノ

1300年の旗がパタパタと。

少し休憩して山頂を目指します。


170718-17.jpg

そうそう、室堂を通り過ぎたすぐの奥宮が新しくなったんですよね!


170718-18.jpg

開山1300年という節目の年、新しい奥宮を拝見。

お守りや御札など、観光地とは違うけれど、ここならではのお土産が。1300年の記念という事もあるでしょう、買っていく人達が多かったですね。


170718-19.jpg

室堂から山頂への道、石川県の花クロユリがいっぱい咲いてました。私は白山登山何度もしてるけど、見かけない事の方が多かったな・・・今回はちょうど良いシーズンだったのかも。


170718-20.jpg

登頂!\(^o^)/

1300年という節目を指で1,3としたつもりが、写真映りだと3,1に(笑)


170718-21.jpg

山頂からの景色。こんなに雪が残ってますね~。


170718-22.jpg

向こうに見えるたくさんの山々。今年はいくつの山に登れるだろうか。


170718-23.jpg

わわ、あっという間にガスが。


170718-24.jpg

山頂を離れ、室堂を過ぎ、お花畑へ。しかしガスで真っ白!


170718-25.jpg

エコーライン側がすごい雪だったので、下山は砂防新道にしたんですが、こっちも雪はまだまだ残ってました( ̄▽ ̄;)


170718-26.jpg

黙々と下山し、向こうに橋が見えてきました!わー、これが見えればあともうひと踏ん張り!


170718-27.jpg

お疲れ様でした。。。

無事山頂へたどり着き、そして無事下山しました。


170718-28.jpg

奥宮で買った御札とお守り。白山帰りに寄ったお豆腐屋さんに売ってた白山の名物・堅どうふのキーホルダー。


帰りにまた道の駅に寄りましたが、猫ちゃんの姿は見えませんでした。夜中だけかしら?それともこの日たまたま?


また今年も良い登山シーズンになりますようにヾ(´▽`)



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年夏☆白山登山 2日目 ~室堂宿泊と御来光とズッコケ3人組~

9/2(金)、まだ辺りも真っ暗なam4時。同室の人達が起き始めたのにつられて、私も目を覚まして準備をし始めました。

まだ寒いから、山頂に行って待ってる時間あんまり長いの嫌だなーと思って、同室の人達が全員居なくなった最後に私も部屋を出て、出発しました。


160902-1.jpg

登り始めた頃はまだ星が見えていたのに、じわじわ辺りが明るくなってきて、山頂に着いた頃にはこんな感じに。そろそろ来るよー!


160902-2.jpg

見えて来た見えて来たー!!


160902-3.jpg

御来光キタ━(゚∀゚)━!!

5時半頃、周りでワァッと拍手が起こりました。御来光、初めて見たけど、何とも神々しい景色。。。


160902-4.jpg

御来光を見る私。

あー、こんなすごい景色が見れちゃうから登山はヤメられないんだよなー。


他の人がまだ日が昇っていくのを見届けてる間に、私は早めに室堂まで戻りました。
私は朝食無しなんでね。
朝食有りの人は御来光を見てから食べてましたね。荷物を再度まとめて、下山の準備をします。

同室のおばちゃん達と登山歴、前日の事、今日の予定などを色々話していました。ヒッチハイクしてきた3人組の話をすると、「あ~分かった、あの子達だわ」とな。
だからね、パッとで見分かるんですわ。ビギナーさんだ、ってね。

また会ったら車乗せてあげるって言っちゃった~( ̄▽ ̄;)帰り会ったらイヤだな~って話をしてたら、「甘やかさなくていい!世の中そんなに甘くないから!」とな。仰る通りですよ~!!


160902-5.jpg

というワケでまだ3人組が朝食食べてる間にサッサと下山。

室堂を出る時、御来光は朝日へと代わってましたね。


160902-6.jpg

向こうに見える山頂。次はいつ来れるかなー?


160902-7.jpg

この日も天気が良いので遠くの山々まで見渡せました。


160902-8.jpg

お花畑ロード。前も後ろもまだ誰も歩いてません。


160902-9.jpg

まぶしぃ~!!(つд`)


160902-10.jpg

山頂を振り返っての景色。
キレイな景色を見るとココロが軽くなりますね。悩み事も登山しちゃうと下山する頃には薄れちゃってます。


160902-11.jpg

黒ボコ岩まで来ました。帰りはエコーラインではなく、砂防新道で。


160902-12.jpg

今日も良い天気。御来光も翌朝にはキレイに見えそうな。


160902-13.jpg

エコーラインと砂防新道の分岐点に来ました。


160902-14.jpg

前も後ろも誰も居ないんで、この絶景をのーんびり見ながら私は朝ごはんを・・・。


160902-15.jpg

そうこうしてたら、例の3人組がやってきた!!( ̄□ ̄;)げっ!

しかも行きで来た道と違う道行こうとする!「こっち行ってみようか」と、エコーライン(また室堂に向かう道)に行こうとする。
君ら帰る気無いんかい???( ̄▽ ̄;)知らないとは何と恐ろしい。

来た道をそのまま戻るのが一番良いよ、と教えて私も彼らの姿が見えなくなってから、また下山しました。


160902-16.jpg

安い登山靴で足が痛くって(これは登山じゃなくてトレッキング用だな)ゆっくり歩いてきました。

この吊り橋見ると「帰ってきた!」って思えてホッとしますね。

下山途中ですれ違う登りの人達何人もから「御来光見てきた?」「天気良かった?」等と聞かれました。「良かったですよ~!明日の朝も見れそうですね~!( ´∀`)b」と言うと、皆さん更に頑張って歩いてる感じがしました( ゚ー゚)( 。_。)


160902-17.jpg

吊り橋に映る影をパチリ☆


160902-18.jpg

登山口の別当出合に戻って来ました。
ズッコケ3人組拾った時には、今回の白山登山はどーなる事かと冷や汗でしたが、何とかなんとか無事戻って来れました┐(´∀`)┌ヤレヤレ

今から登山する、という人達に撮って貰いました。

その人達に「男の子3人組見掛けました?」と聞いて、カクカクシカジカ・・・話をすると( ^∀^)ゲラゲラ
「そのまま歩いてるんじゃない?どうせ帰り道に歩いてるの見掛けるでしょ?」とな。まーね、道一本しか無いし。

その人達はこの日(金)登って、翌日(土)下山する、というので、翌日のシャトルバスの時間をチェックしている所でした。

だからね、これが普通。バスがあるかどうかも、終点がどこかも、何時何分かも調べずにラク~な気持ちで来てるあの3人組が甘すぎるの。そう、世の中だってそんなに甘くないんだから!


160902-19.jpg

私の車まで戻って来ました!ヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆

車に乗ってぐるぐる山道を降りていると・・・あ、3人組居た・・・どーしよーどーしよー、てゆーかコイツら帰り他の人ヒッチハイクしなかったんだー、そりゃそうか、そもそも歩いてる人が少ないしー・・・やっぱ帰りも拾ってあげなきゃかなぁ・・・他の登山者に迷惑掛けて欲しくも無いしー・・・(´ε`;)ウーン…

と悩みながら、ゆっくり車を彼らの横に停めて、しゃーなしの甘々で「乗りますか?」と言うと、「あ・・・良いんですか?」と言ってソソクサと乗りましたよ。


長い帰り道でしたので、登山云々の準備の大切さについて、登山の怖さについて色々と、プチお説教がてら喋りました。
私だけじゃなく、すれ違う登山者何人かに言われたようで、自分達の甘さが分かったと思います。

大学3年で就職の悩み?についても喋ってくれましたが、フンフンフン、ウーン、こんな登山しようとするくらいだから、やっぱり考え方甘いなー、てゆーか大学3年だしこんなモンか?

大学生の間なんてどう頑張っても価値観狭いんだから!と言い、大学時代と社会人時代の違い、新卒で入った会社と転職した今の会社の違い、人それぞれの価値観の違い、時代によっての価値観の違い、参考になるか分からないけど、色々話しました。

あーこんな事さえ無けりゃ、私は帰り道温泉にのんびり浸かってたのになぁ~!(;´Д`)と思いながら金沢駅で降ろしてあげました。

「懲りたでしょ?」と聞くと「懲りました」と苦笑い。。。

この先また登山するにしても、白山であろうと他の山であろうと、もっと情報収集して準備して行きなさい、他の登山者の迷惑にもなるから、と言って別れました。

良い思い出・・・とは行かないね。
この登山も散々な思いして懲りただろうけど、登山のみならず、人生色んな事経験して失敗して成長していって欲しいですね。


そして、昼12時過ぎ、無事自宅に帰ってきましたー!

何度も登ってる白山でしたが、宿泊、夕日、星空、御来光、どれも初めてで、やっぱり登山って良いなぁ~!と改めて思いました。

それと同時に、他人のフリ見て我がフリ直せ・・・事前の情報収集、装備、初対面の人との接し方・・・改めて気を付けたいなぁー、と思う事ばかりでした。


今回の白山レポはこれで終わりです☆



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年夏☆白山登山 1日目 ~室堂宿泊と御来光とズッコケ3人組~

9/1(木)、2(金)と平日休みを貰ったので、しかも天気が良いと前々から分かっていたので、今年初めての白山登山に行く事にしました☆

普通に登るのだったら何度もした事あるから、今回は初めての体験を!!(`・ω´・)-☆

と思って、まだ一度もしていない、室堂宿泊をして翌朝山頂に登って御来光を見る、というテーマで白山を目指す事にしました。7月の富士山は御来光見れなかったからねー。地元でリベンジって事で!

なので、登山も(´ぅω・`)ネムイ 夜中に車を走らす必要もなく、車中泊する必要もなく、am10時半に家を出ました。

明るい時間帯に白山へ向かう道を走るのは初めてで、暑いけれどクーラーかけず、窓開けっ放しで景色を楽しみながら運転をしていたら、あと30分くらいで市ノ瀬ビジターセンター(登山シーズン時に交通規制が掛かってて、ここから登山口までシャトルバスが出てる)というくらいの地点で歩いてる学生っぽい男の子3人組が。。。


へぇ~!(゚д゚)体力あるなぁ~!こんな所から歩いて白山登山するのか~!大したモンだわ~!


と感心しながら通り過ぎようとすると、なんとその3人組、振り返って私に両手を振るではありませんか!

???(@_@;)

不思議に思って車を停め、話を聞くと・・・カクカクシカジカ・・・。。。

(´・ω・)y--oO○ エート・・・ナニナニ?地元の大学の仲間で、路線バスに乗ってきたけど、そのバスは登山口が終点ではなく、降ろされた終点からずーっと歩いてここまで来たけど、登山口はいつになったら辿り着くか、との事。

えーっとね、市ノ瀬ビジターセンターって交通規制時のシャトルバスが出る所までもここから車で30分くらい掛かるし、今日はもう9月1日で登山シーズンは過ぎちゃってるし平日だから、そこまで行ってもバスは無いし、そこから更に車で20分くらい山道走るから、車で行ってもそれだけ掛かるから、歩いて行くとなると・・・しかもこの暑さだし・・・( ̄◇ ̄;)


「歩いてればその内着くだろうと思って・・・」とな。いや、うん、確かにその内着くけど・・・。


てゆーかキミたち更にここから歩いて何時から登山するつもり???((((;゚Д゚))))


パッと見も登山慣れしてる格好ではなく、ビギナーさんな感じ。
おい、それ登山靴じゃなくてスニーカー!ちょっと、それ登山リュックじゃなくて普通のリュック!てゆーかそれジャージ!ああぁぁ、ツッコミ所満載!!ヽ(´Д`;)ノ
この暑さで延々歩いてきて、手持ちの水分もカラの子も。
登山シーズン一段落した9月の平日の昼間、引き返す方向に通る車も無く、本来の行き先は一緒。


内心、「アホか!!山舐めんな!!今すぐ帰れ!!ゴルァ(╬゚◥益◤゚)」と言いたいのをグッと堪えて、


「あー・・・乗りますか?( ̄▽ ̄;)」と。。。あー言っちゃった、言っちゃった。ヒッチハイクの3人組乗せちゃった。


1時間弱車に乗せて走るも、話聞けば聞く程「うわーん!とんでもねーヤツら拾っちまったよー!(T▽T)」って感じの発言ばかり。

バス時間も終点もなーんにも調べてないし、荷物も少ないし装備も軽いし、そもそも登山に対する考え方が甘い。恐いモン知らず。

でもビギナーだからそんなモンなんかなー・・・あれ?でもちょっと待て?私の初めての登山って屋久島だったけど、相当準備してったんだけど???(゚o゚;;

3人組と話しながら、運転しながら、まだ5年?もう5年?自分の今までの登山の記憶を振り返っていました。


160901-1.jpg

13時過ぎ。白山の登山口、別当出合に到着。
登山前に3人組に色々忠告して、「室堂で会って、帰りも一緒になったらまた乗せてあげます」と安心材料をあげ、登山をスタートしました。

ところで、登山スタート前から私エライ疲れてたんだけど、ナゼ???(゚O゚)


160901-2.jpg

一年ぶりの白山。
登り始めはいつも明け方だったから、昼間の一番気温の高い時からの登山は思った以上に体力の消耗が。
靴紐結び直しながら、3人組を先に歩かせて、私はゆっくり後ろから登る事に。


160901-3.jpg

行き交う人達に「今男の子ら3人とすれ違ったでしょー?その子ら私ヒッチハイクしてきたんですよー(´∀`)」と言うと、みーんな笑うやら呆れるやら、「どーりで軽装なワケや!」とか「見る目あるわー。若いネーチャンに乗せて貰えば安心や」とか。
そんな会話もお互いの疲れが取れたり情報交換になったり。


160901-4.jpg

甚之助小屋で下山のオジさんと喋ってたらついつい時間が経ってしまいまして、あ!もう16時!久々の白山でのんびり景色楽しんでたらえらい時間が経ってました。

室堂に電話したら、18時で夕食が終わっちゃうそうなので、「今からだったらもう間に合わないですよ」と言われ、(メ・ん・)?あと2時間もあれば間に合うだろ、と思ってまた歩き出しました。


160901-5.jpg

エコーラインと砂防新道の分かれ道。いつも通りにエコーラインへ。殆ど距離変わらないけど、こっちの方が眺めが良いからね~。


160901-6.jpg

夕方近くなってきて、肌寒くなってきました。


160901-7.jpg

前も後ろも誰もおらず、私だけ。
そう、この景色を独り占め!

って、そんな呑気な話ではないのですよね。もし何かあったら誰も助けてくれないじゃん!あの3人組の事言えないよ!


160901-8.jpg

あれー?疲れて普段よりテンポが遅くなってきたぞー?と思ったら、これ飲み忘れてた。

あの3人組にも別れ際にこれ一本ずつ渡してたんですよね。高いのに!キィッ


160901-9.jpg

じわじわ遠くの方が薄紫色になってきましたよ。日暮れが近くなってきた証拠。


160901-10.jpg

昼から登ってそろそろ夕方。
早朝から登る景色ともまた違った景色が見えて、ついつい足を止めては見入ってしまいます。


160901-11.jpg

お花畑!ここまで来たらあともうちょっと!


160901-12.jpg

室堂までラストスパート!一気に登っちゃいますよ~!


160901-13.jpg

後ろを歩いてくる人も無く、私で最後。


160901-14.jpg

はー、室堂到着しました!食堂が閉まる18時前には到着しましたのでご安心を!


160901-15.jpg

室堂に泊まる予約をしてあるので、手続きを済ませます。イイお値段しますよね。


160901-16.jpg

夕食はこんな感じ。1800円でこの夕食。
平地だったらそりゃ高いけど、こんな所だし。私が最後のお客さんだったので、申し訳無かったですね。


160901-17.jpg

室堂からの夕焼け。たくさんの人が外に出てこの景色を撮ってました。


160901-18.jpg

明日はあの山頂に行って御来光を見るゾー!今日みたいな天気であれば良いけどなぁー。


160901-19.jpg

日暮れ。。。

今日一日お疲れさまでした!明日も頑張ろうっと!


ちなみに室堂着いたら3人組居ましたので少し喋りましたが、疲~れた顔してましたね。体力というより、気力的に。まぁ、バス降りてからずっと歩き続けてた時を思えば、室堂まで辿り着けて何より(^^;)

室堂の宿泊施設は大部屋がいくつかあって、寝袋ではなくマットの上。毛布が3枚ありました。富士山の山小屋よりはよっぽど良いですね。

夜20時には消灯で、夜中外に出たら明かりも何も無く真っ暗だったんですが、星空は平地で見るのとは比べ物にならないくらいキレイで星が無数に見えましたよ!!

そんな写真はスマホじゃ撮れないよね。じぃっと目に焼き付けてきました。


さぁ、翌朝は御来光ですよー。富士山のリベンジ出来るかなー?



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家に富士山がやって来た!/^o^\

富士山登山の記念と自分のご褒美に、何か買ってあげようと思い、楽天でこんな面白いモノ買っちゃいました。




富士山型のアロマミスト♪/^o^\


160815-2.jpg

色が変わるんですよ~!


160815-3.jpg

赤色は今にも噴火しちゃいそう?!いえいえ、煙(ミスト)だけです。ご安心を(^^;)


160815-4.jpg

こんな感じでうっすら出てます!あ、勿論アロマの匂いもしますよ!
見た目もニオイも癒されます~(*´ω`*)

これで当分富士山登山はしなくて良いかな?



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界文化遺産・富士山を登ろう! 2日目 ~山小屋→下山~

7/21(木)pm5時半、山小屋「江戸屋」さんにて飛び込み宿泊の手続きをば。

飛び込みでもすんなり入れて貰えるのは、やはり平日でピークでは無いからですね。ラッキーラッキー♪




夕食はカレー。こうゆう所では食べ物、飲み物は本当に貴重ですね。

スマホの充電がもう殆ど無くなってて、あわわわ(((゜Д゜;)))となっていた所、Nさんに聞いたら充電器をお持ちで貸して下さいました!(つд⊂)
こうゆう時、自分の社交性には我ながら本当に感心します!!


160721-d2.jpg

山小屋の寝るスペース・・・見事に一人分しか無いですねぇ( ̄◇ ̄;)まぁ、贅沢言えません。それでもシーズンのピークではないのでまだまだ余裕のある方です。

消灯はpm8時。
標高高くて頭クラクラして1時間おきに寝たり起きたりの繰り返し。夜中に起きたら点滴打ってる人も居たり・・・あわわ。
標高が高いとどうなるか、聞いた事はあったのですが、体験してナルホドよく分かりました。頭がクラクラしてきます。吐き気もあるかな。そして個人差もあるので、楽観は危険!くれぐれも無理せずに!


7/22(金)早朝、山小屋の人が起こしてくれるんですが、「天気が悪いので今日は御来光は見えません!」とハッキリ言われました(TwTlll)


160722-1.jpg

起きたら外こんな景色。そりゃ見えないって・・・(^^;)

山の天気は変わりやすいですし、これだけ高い山ですから、まぁ、仕方ないなーと結構割り切れましたね。


160722-2.jpg

お弁当の朝ごはんを食べて、am5時頃山小屋を後にしました。


下山の道は黒い砂利道をジグザグに下っていく・・・景色も変わらず、足元も変わらず、なので本当に撮る写真がありませんでした。登山道とはまた別の道です。

けれど、行きの時に登りに比べて下りを「なんとラクな事か」と言っていた人が居ましたが、確かにその通りです。ちょっとつまんないけどねー(´ε`)


160722-3.jpg

am7時にはもう五合目が目前に!

この辺りでこの日はマラソン大会があるようで、色々と準備してました。


160722-4.jpg

am7時半!五合目に戻ってきましたーー!!下山は八合五勺の山小屋からここまで2時間半でした!(゚O゚)早ッ!


160722-5.jpg

何の縁があったやら、下山までご一緒する事になった、記念に☆

左から後輩さん・先輩Dさん・Nさんと私。

登山はなぜか不思議な力によって、縁もゆかりもない人間同士が、知り合いになって励まし合って助け合って、こうなってしまうんです!(笑)


160722-6.jpg

やっぱり帰りは五合目のお土産屋をぷらぷら。世界文化遺産になってからいっそう富士山グッズが増えましたね。


160722-7.jpg

朝ごはんのお弁当食べたけど、さすがにお腹空いたー!
レストハウスでこの土地ならでは、吉田うどんを食べる事に。コシがあってオイシイ!疲れてると何でもオイシイ!

さて、下山してる最中も雨は振っていたのですが、私達が下山し終えてから雨がいよいよ強くなってきました。

吉田うどんを食べながら、お互いのLINE交換しながら、御三方、これ以降の予定立て。大阪に帰るツアーバスが富士急ハイランド近くの温泉から夜出発するというので、雨もひどいし他に行くつもりも無いし、温泉行きの公共交通も時間的にまだ出てない、という事で、んー・・・(メ・ん・)よかったら私の車乗ります?どうせ私も温泉入って帰りたいしヾ(´▽`)って事で、四人でシャトルバスで北麓駐車場に行き、狭い車ながら(車中泊してた残骸を即刻片付け!)三人を乗せてふじやま温泉へ。


160722-8.jpg

朝風呂はam6~9時。次の営業時間はam10時からで、外でお喋りしながら待ってました。平地に降りてきても雨は止まず、でしたね。

ふじやま温泉良かったですよー!(*´∀`*)登山の疲れが癒されました~♪


160722-9.jpg

ちょうどお昼頃だったので、ごはん処へ。
その土地に来たら、その土地のものを食べねばー(^0^)/ カレーほうとうを注文。

ごはん食べながら、先輩・後輩さんに屋久島トークを。なんでも、今回の富士山は屋久島の前哨戦なんだとか!
もーぅ、屋久島は是非ゼヒ行って欲しいですよぅ!!(≧∇≦*)何てったって、ここに一人で3回も行ってる人が居ますからねぇ!

この時、五合目付近で準備してたマラソン大会が中止になった事をDさん情報で知りました。ちょうどひどく降ってきた時だったから、この日登山をしようとしてた人達には残念な天気だったと思います。


ごはんを食べて、三人としっかり握手をしてお別れしました。私はこれから車を運転して金沢に帰るという更なる難関がー・・・。


160722-10.jpg

ふじやま温泉を出ると駐車場前にて桃の箱売り!!しかも産地なので安い!!
こっちでスーパーで売ってるのはA級品だし、輸送費が掛かってる分お高めになっちゃう。現地だとB級品もあるし、輸送費が低くて済むから、安くてイイ品が手に入るんですよねー♪買っちゃいましたよん。


160722-11.jpg

さて、高速に乗る前にお土産めぐり。
信玄餅で有名な桔梗屋さんへ。

桔梗屋さん、最近どんどん新しい商品を出してチャレンジしてるようで。信玄餅は好きなんだけど、あの粉が毎度ムセるんですよね。


160722-12.jpg

信玄餅のプリン!噂には聞いてたけど、どんなのか気になって購入。


160722-13.jpg

信玄餅のロールケーキも。あ、お餅が入ってるのが見える。


160722-14.jpg

河口湖をぐるーっと回って帰りました。

今度はもうちょっと涼しい時に、らん連れて来なきゃ。外国人、特に中国人観光客の団体はこの辺りには多かったですね。


高速乗る前にガソリンを満タンにして、さぁ!頑張って金沢まで運転するぞー!!と思って高速に乗り・・・


160722-15.jpg

最初のSAで信玄餅クレープを買った時に、ありゃ、財布の中身がオカシイぞ?と思ったら・・・


あ!!!Σ(゚д゚lll)さっきのガソリンスタンドでお釣り忘れた!!!

しかも小銭じゃなくて、8,000円程・・・・・。。。。。

一瞬まだここで高山病かと思うような目眩にやられましたが、

いやいや、富士山を登って下って、しかも楽しい人達にも巡り会えて、それに比べればたかが8,000円くらい♪この幸せ誰かにくれてやる(^ε^)-☆!!

と思える程、満ち足りた富士登山を経験し、金沢の自宅にはpm8時前には着きました。モウネ、アホカト、バカカト。


日本で一番高い山、富士山を登る日が来るとは。屋久島の縄文杉を見るためだけに始めた登山、あの頃を振り返っても何と遠い所・・・いや、何と高い所へ来てしまったのかと。
けれど、今ではこうして富士山で知り合った人達は、次は屋久島を目指そうとし、屋久島登山経験者の私は話が出来るし、お互いに励まし合ったり、助け合ったり。
私もかつて山でたくさんの人にして貰った事を、また他の山で他の人にしてるだけに過ぎないんですよね。あ、山だけじゃないけど、平地でも。

富士山はやっぱりパワースポットなんだなぁ、と思える程私の心も満たされて、穏やかな気持ちになれました。


160722-16.jpg

「私も富士山パワー分けて貰わなくっちゃ・・・ムニャ」

らんも私にしばらく会ってなかったらベッタリでした。

これで富士山レポは終わりです。長々とお付き合い頂きありがとうございました☆



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界文化遺産・富士山を登ろう! 1日目 ~八合目→山頂~

八合目前後からお会いして、ついつい喋りながら歩いていた、大阪からお越しの会社の先輩・後輩コンビ。




アウトドア派な先輩Dさんと、インドア派な後輩さん。

インドアで休みは大抵家でゴロゴロテレビっ子だと言い張りながらも頑張って先輩について行くんですよー。
後輩さん、なんでも登山はこれがビギナーだそうで、今回のためにぜーんぶ揃えたんだとか。うひゃー!


160721-c2.jpg

山小屋で休憩した時に、これまたついつい喋った縁で、このまま一緒に歩いてしまう、こっちも大阪からお越しのNさん。

なんと、この時お会いした二人と一人、お互い話してみると、大阪からのツアーバスが実は同じだった、という偶然。ほえー!


160721-c3.jpg

休憩~!八合目を過ぎると3000mを超えているので、酸素が薄い!頭はクラクラするし、息は切れるし。いくら登山で疲れても、過去にこんな事は無かったです。これは体力が有る無いとは別問題。慣れです、慣れ。

無理しないように自分のペースや体調を考えないといけませんね。


160721-c4.jpg

ここまで来たよー!
お連れサマが居ると、写真撮って貰える有り難さ。


160721-c5.jpg

まだまだ歩くよ、山頂まで。
振り返ってみると、こんな道を歩いてきてるんですね。あまり景色は楽しんでおりませんが(^^;)

平日で登山シーズン前だから良かったものの、そうでなければ前も後ろも人でウジャウジャで、とてもこうしてのんびりとは出来なかっただろうな、と思うと、このタイミングで登山出来るのは本当にラッキーですね。天気もそこまで悪くないし。


160721-c6.jpg

休憩時に「あー!なんか忘れてると思ったらアミノバイタル忘れて来た!」と言うと、Dさんが「持ってますよー」と言って下さいました。
うわーん、めっちゃ助かりますー!(つд⊂)
ちなみに私は御三方にミニバナナを一本ずつ差し上げました。私の登山の頻繁持参アイテム。


160721-c7.jpg

ふぃー、やっと八合五勺目まで来ました。

三人はここの山小屋「江戸屋」さんで泊まるそうで、荷物を置いて軽くし、また山頂へ向かう、と。

私は山小屋の予約なんて全くしてなくて、平日だし、人少ないし、飛び込みでも大丈夫か、くらいの気持ちで居ましたから、何なら後でお願いしよーっと、ぐらいの気持ちでしたね。


160721-c8.jpg

八合五勺目からの景色。雲が下に広がっていますよ。


160721-c9.jpg

富士山の山頂まであと900mもあるんかーい!頑張るぞー!


160721-c10.jpg

そうこうしてる内に、軽装になった三人とまた合流。


160721-c11.jpg

緑も無くて殺風景なんですが、雪もまだ残ってる所もあったり。


160721-c12.jpg

お、あと900m!


160721-c13.jpg

くぐり抜ける鳥居の柱がすごい事になってたり。小銭の突き刺し方半端ナイ!


160721-c14.jpg

標高が3500mもある所ですが・・・


160721-c15.jpg

鳥!!

鳥ってこんな所まで飛べるんですねー。酸素薄くないのかな?食べ物あるのかな?


160721-c16.jpg

pm3時半。九号目に到着!最後の山小屋がある場所です。

後輩さん、甘酒を購入して飲んでました。ヨユーっぽい写真撮ろう、って事で。本人はもう限界、ってさ。
私も自販機でペットボトルの500ml買いました。ここが飲み物食べ物買える最後の所なんで、500mlで500円もするんですわ!!それより下だと400円だったけど。

でも、富士山のとあるガイドさんの話だと、小さい子には自分の飲み物さえも持たせないで!という事。荷物になるし、それだけで疲れるから、って。飲み物は高くても買えばいい、って。
小さい子がバテてしまってガイドさんや親が抱っこしたりおんぶしたりという事の方が負担になりますからね~。

色んな山で登山して思うけど、小さい子が楽しそうに登山してるのは、親も楽しそうだし、段取りが良いんですよね。
あ、これオトナの登山も一緒。こうして一人で登山してても、いつの間にか仲間が増えて、一緒に歩いて、ってのもやっぱり楽しい人ばっかり。

えーっと、この先の山頂までこれといった写真がないのは、本当にキツかったからです。

気温も低い、風も強い、風強すぎて帽子取っちゃったよ。視界も真っ白、標高高いからゼエゼエ、頭クラクラ、足もフラフラ。それでも、せっかくここまで来たんだから、と何とかなんとか歩きまして。。。


160721-c17.jpg

pm4時半、富士山・剣ヶ峰、3776m辿り着きましたーーー!!!

一人じゃ本当に途中で諦めてたかもしれません。何度も振り返って見てくれたり、先に行って、私が後から来たら手を振ってくれたり、一緒に歩いてくれたDさん、後輩さん、Nさんには感謝感謝です!!

山頂は視界が真っ白で何も見えませんでしたが、日本で一番高い所まで来た、という達成感はひとしお。。。

登山を始めて5年・・・その始まりは屋久島でしたが、屋久島の縄文杉さえ見れりゃ、続けるつもりなんてなかったですよ。でも、まさかこんなに続けるとは自分が一番驚いています。


160721-c18.jpg

帰りのお鉢めぐりは富士山の火口を眺めながら。
こんなの見ると、富士山ってまだ生きてるんだなぁ、って思いましたよ。

いつ噴火するかも分からないから、その前に登れて良かったです。富士山噴火説はアチコチで聞くのでね。


160721-c19.jpg

ちょうど視界が明るくなった時。
これが山頂に居た時なら良かったのに。
ここからちょうど真向かいに見える所がさっき居た山頂なんですね。すっごい遠い・・・それだけ火口が大きいんだぁ。
次噴火したらどうなっちゃうんだろ、と・・・。

さすがにこのまま下山はもう体力的にキツくて無理でした。まぁ、私4連休だし焦って帰る事ないし。
お鉢めぐり、ぐるっと歩いて、pm5時半、八合五勺目の山小屋へ戻りましたー。



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| *登山 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT