PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『まれ』感想 第16週「絶縁コンビニスイーツ」

人気のスイーツブロガーの、わんこ・・・一子。わんわん!▽・w・▽

とうとう一子も自分の夢を掴み取りに来たなー、って回でした。




「光に当たったら死んじゃう生き物だっているんだよ」

まれが光だとしたら、この子は影なんだろうなぁー。

「人生かかってんだよね。昔からの夢が叶うんだよ」

まれに比べれば、やり方は正統派では無いかもしれないけど、私もこーゆうのは1つの成功のあり方だと思います。


150721-2.jpg

昔は、安くて、身近にある食材で作っていたケーキ。けれど今は「高級ケーキ様」と揶揄されて否定出来ないでいる。

この二人の描き方、すごく対照的で分かりやすい。だからこそ、一子の言ってる事もまれにとって突き刺さる言葉なんでしょう。


主人公やその中心に居る人達を「理想」だとすれば、その周りを取り巻く人達は「現実」であり、視聴者や消費者の声です。

美味しいのは認めるが、とっても小さいケーキに450円も払うか?コンビニスイーツなら同じ大きさでもっと安いものが手に入る・・・これは、視聴者、消費者なら当然そう思いながら観てるでしょう。かく言う私もその一人です( ̄▽ ̄;)


「あの子の言う事はある意味正しい。たかがケーキにこんなに金を使いたくないと思う消費者はたくさん居る・・・高くてもこっちを食いたいと思える菓子を作れ」

うーん、このシェフの言葉はパティシエだけではなく、ありとあらゆる作り手、職人に言える事ではないでしょうか?


150721-3.jpg

安い一子のケーキ、99円。


150721-4.jpg

高いまれのケーキ、350円。


値段=価値というのは、やはりその通りだと思うんです。でも、それを選ぶのも選ばないのも、また消費者の選択。

負けて消えたものが価値がなく、正しくなかったかというと、そうでもないし、勝って生き残ったものが価値があって、全てにおいて正しいかというのも、またそうでもない。

さて、あなたならどちらのケーキを選びますか?


憧れていて、羨ましくて、自分はそうはなれない悔しさが、嫌悪になる。大概の人は一子タイプでしょうね。



ランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

| 能登 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aekaze.jp/tb.php/116-6b40de2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT